妊娠中絶(にんしんちゅうぜつ)

私のクリニックでは、妊娠初期の妊娠中絶手術もおこなっています。

人工妊娠中絶は法律(母体保護法)に基づいて行われます。
その法律にもとづかない妊娠中絶は、堕胎罪(だたいざい)という刑法の罪に問われます。

(たとえ、妊婦さんが、お腹の赤ちゃんをおろそうと考え、自分自身で何らかの処置をして、自身の子を中絶しても、堕胎罪になります)

大昔、私が学生の頃、土という小説でしたが、貧しい農婦が自分で中絶しようとして<ほおづき>の茎を自分の腟にいれて中絶しようとして失敗し、感染症で死んでしまうという話を読んだことがあります。悲惨だったねえ。

人工妊娠中絶は、指定された医師が、指定された病院や医院内でのみ行う事ができます。
そして、中絶を受けようとする人が、一定の基準にあわないと中絶はできません(ごく簡単な常識的基準ですが)。

だれでも簡単に中絶を受けられるわけではありません。
また妊娠22週以後は絶対に妊娠中絶はできません(法律で禁止されています)。
妊娠21週(いわゆる妊娠6ヶ月の2週目)まで、中絶が可能です。

中絶した場合は、中絶をおこなった医師から、国への届け出が必要です。私のクリニックでも中絶を受けた人数の届出をしていますが、しかし中絶をうけた人が特定できるような個人の名前などの届出は不必要です。ですから、中絶をうけた人のプライバシ−は完全に守られています。

妊娠中絶手術は難しい手術ではありません。しかし、子宮内の見えない場所を、いわば手探りで行う手術ですので、油断はできませんけど。

当クリニックは、原則的には、腰部硬膜外麻酔(ようぶこうまくがいますい)という麻酔を使います。
背中の真ん中の所の背骨の隙間に、局所麻酔剤(きょくしょますいざい)を注射します。

手術中には意識はあります。皮膚を触られる感じや引っ張られる感じ、軽い吐き気はあります。
痛みは、個人差も有りますが、月経痛のような感じがあります。

点滴をしながら中絶手術をしますが、主に吸引手術(きゅういんしゅじゅつ)でおこなっています。

手術中は時々超音波で子宮をチェックしつつ行います。だいたいですが、15分位かかって終わります。

下半身がしびれた感じがあり、足に充分力が入らないので、手術後2時間位は点滴をしつつベットで安静にしてもらいます。
皆さんは雑誌を見たり、携帯をしたりしているようですね。
その後は足のしびれなども完全にとれますので、特に問題がなければ、1人であっても、車で帰宅できます。

私は嫌な手術です。どうしても生命を奪うような感じがするからです。
妊娠の初期では、赤ちゃんはとても小さいのですが、いくら小さな赤ちゃんでも、嫌なものです。
やや妊娠が進んだ大きめの赤ちゃんでは、マッチ軸のような小さな手がわかるほどです。
嫌ですね。全ての産婦人科医師は、止むを得ずにやっている手術だと思います。

なお、水子という考えは仏教にはありません。<水子のたたり>などというのは全くの迷信です。

妊娠中絶は、法律で、一定の条件付ですが、認められている合法的な治療です。ですから妊娠中絶を受けたからと言って、引け目に感じる必要はありません。一定の条件にかなった妊娠中絶は罪ではありません。

なお妊娠12週以後(妊娠第四ヶ月以後)の人工妊娠中絶では死産届けも必要となりますし、お墓に埋葬するための埋葬許可も必要となります。
先にも言いましたが、妊娠21週までの中絶は、法律的には可能だとしても、出来るだけ早期に、遅くも妊娠第三ヶ月以内(妊娠11週まで)に中絶を受けるのが、きわめて重要です。

妊娠したと思ったらすぐに、迷わず、産婦人科に来ること。
(妊娠週数の計算は、結構面倒なんですよ。こちら
迷うなら、プロの医師と一緒に迷うこと。アマチュアの君達が、1人でくよくよ考えないこと。
私のクリニックでは妊娠第3ヶ月以内(妊娠11週まで)の妊娠中絶しかおこなってません。それ以上の妊娠の場合は他の病院や医院を紹介いたします。

中絶を考えているなら、できるだけ早く病院や医院に来ることです。
一緒に話し合って、相談しましょうよ。


むろん中絶をうける女性本人の同意書は必要です。同意書には署名とハンコを押してもらいます。
結婚している人では、配偶者(夫)の、同意書が必要です。
未婚や正式な結婚をしていない場合には、相手の男性の同意書が必要になります。
(ただし相手の男性がわからない場合や相手の男性が行方不明とかでは仕方ないので、女性本人だけの同意書になります)

この同意書に関しては、中絶を受ける人と相手の男性の、一方又は双方が未成年であっても、同意書は有効と言われています。
中学生程度では保護者の同意書は必要でしょうが、高校くらいでは、親の同意書は必要ないと(私山は)思っています。
むろん、出来れば、親の同意書はあった方が、都合がいいのですがね。

外国人の方であっても、日本に滞在していれば、母性保護法のもとで人工妊娠中絶を行うことができます。

日本の中絶数(届け出された数)は平成25年で総数18万6253人でした。
秋田県では1395人でした。そのほとんどは妊娠11週までの中絶です。
比率で見れば全国では妊娠可能な女性1000人の内7人が中絶を受けていましたが、秋田県では1000人の内7.9人でした。


妊娠中絶の手術は保険が利きませんので自費診療です。各々の病院や医師によって値段は異なります。

中絶の費用についてはこちら

当クリニックで人工妊娠中絶をうけるときの実際

(1)妊娠とわかって、種々相談の結果、やむを得ず中絶することになった場合は、
   まず中絶の日を決めて、中絶前の血液検査をおこないます。
   この検査は自費で約5000円です。中絶手術の細かい説明もします。同意書の説明もします。

(2)予約した日に来てもらい、まず子宮の入り口を広げる器具を入れます。その後(数時間後)に手術します。
   中絶費用は自費料金です。麻酔代や薬品代など全てを含んだ金額です。
   手術後は2〜3時間、安静室のベットで安静にした後、帰宅します。

(3)おおよそ1週間後に来てもらい、手術後の経過を診察します。
   今後の避妊などについて説明、相談し、終了となります。特に異常のない場合は診察料金は自費で約4000円になります。
   なにか特別の異常があれば、保険がきくこともあります。



                                                   2015年6月26日