男性の避妊手術---精管結紮(せいかんけっさつ)

精管結紮術とは、男性の精子(せいし)の通り道である精管を縛って、精液の中の精子を無くしてしまい、避妊(ひにん)を行う方法です。
睾丸(こうがん)は二個あり、各々の睾丸から精子が出来ますので、精管は二本あります。各々の精管を縛り精子の流れをとめます。外に出ないように止められた精子は自然に身体に吸収されてしまいます。精子の大きさは眼に見えないほど非常に小さいのです。

精液(せいえき)は、精子と前立腺(ぜんりつせん)から出る液からなりたっています。妊娠の役割を行うのは、無論、精子です。精管結紮を行い精子が精液からなくなっても、男性が射精(しゃせい)する精液の量の殆んどは前立腺の分泌物なので、精管結紮後も、出てくる精液が少なくなる事はありません。また、精液の色や臭いなども同じです。

男性ホルモンは睾丸から出され、血液で体に流れてゆくので、精管を結紮しても男性ホルモンが減る事はありません。男性の機能も変化しません。勃起力や性欲、性感などは手術前後でかわりません。

もし、仮に奥さんに黙って精管結紮を行っても、奥さんにはわかりません。男性の陰嚢(いんのう)のシワの所を小さく切りますので傷も見えませんし、精液の量や見かけも同じで、勃起力も同じなので、それを良く知っているはずの奥さんにさえわからないのです。

私自身は、この方法は良い方法だと思っています。

私は以前の勤務先の雄勝中央病院で既に100人以上の男性の精管結紮を行ってきました。
届け出の数からみると、東北地方では私が最も多く精管結紮術をてがけた医師でした。

通常の場合を述べますと、
麻酔は局所麻酔で、手術は約15〜30分で終わります。手術後僅かな時間は、休憩してもらいます。
その日のうちに自宅に帰れます。無論車で。
一ヵ月後に精液検査を行い、精子を数えて、結紮がうまく行ったかどうかを判断します。

今のところ(2008年)、当クリニックと連携をもっている雄勝中央病院の泌尿器科を紹介します。

法律に基づき精管結紮は届出が必要ですが、精管結紮を受けた人のプライバシ−は守られています。