緊急避妊法

私は、以前にはプラノバール(商品名)という薬をつかって緊急避妊をおこなっていました。
プラノバールは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが一緒に入っている薬です。
種々のホルモン異常に使っている薬です。
最近では黄体ホルモンだけの緊急避妊薬が主流になり、やや安価な製品も販売されましたので
当院でも緊急避妊には黄体ホルモンだけの薬を使います。以前のプラノバールにくらべ吐き気などの副作用が少ないようです。
名称をノボノルゲストレル錠と言います。

性交後72時間以内にノボノルゲストレル錠を1錠飲むだけです。

あくまでも、緊急で臨時の方法名なので、リング(IUD)やピルなどの通常の避妊方法の代わりにはなりません。

この薬は受精卵が子宮内膜に入り込んでしまった(着床:ちゃくしょう)以後では無効ですので、服用開始はできるだけ早いほうがよいのです。
でも性交後72〜100時間以内でも効果があるという意見もありますので、遅れたと思っても受診した方が良いでしょう。。

万が一緊急避妊薬を使っても、妊娠してしまった場合。
この緊急避妊薬に催奇性(さいきけいせい;胎児に奇形をおこす作用)が全くないとは言い切れませんが、欧米では、催奇性があると考えている医師はほとんどいません・・との事です。

なお、すでに明らかに妊娠していれば、この緊急避妊薬は全く無効です。妊娠した赤ちゃんを”流す”薬ではありません。

くどいですが、緊急避妊薬を使っても、避妊に失敗する事がある事にくれぐれもご注意ください。

この緊急避妊方法は保険が効きません。
当クリニックでは、薬代、指導料、全て含めて5500円です。

                                      2019年3月24日