性病

性病は性行為(性交為じゃありません)でうつる病気です。
性行為は陰茎を腟に入れるばかりじゃないです。
接吻その他、沢山ありますよね。

さて有名なエイズも性病ですが、でも、私の住む田舎の小さな町で、私が実際に経験(治療)したのは淋病とクラミジア、性器ヘルペス、梅毒です。

淋病の場合は腹痛や帯下の症状が強いので受診してくれますが、クラミジアの場合には症状がほとんどない人が結構いますので、受診してくれません。
淋病もクラミジアも不妊症の原因になります。

性病にならないようにするには
 浮気しない事、
 売春婦とセックスしないこと、
 未婚の人は見境無くセックスしない事ですね。

どう?簡単でしょう。

でもこんな簡単なことが守れません。
浮気はやめられないし、男は遊びたがる。若い子は求められれば、断れずセックスする・・・・・のでしょうねえ (-_-)

2016年現在ではHIV感染症(エイズの事)が減っていないのは、先進国では日本だけです。
平成27年に新たに見つかった人は日本全国で1400人位ですが

また梅毒も増えてきているので問題になっています。

しかし、どうしてもセックスしたくてたまらない男性はコンド−ムを使いましょう。
そして、どうしてもセックスしたくてたまらない女性はコンド−ムを用意するか、コンド−ムを用意している男性とセックスしましょう。

いわゆるホモ、男性同士のセックスについては、私はまったく知識がありませんので、述べることができません。勉強します。 <m(__)m>
でもコンド−ムを使いましょう。

コンド−ムの使い方は

(コンド−ムを使う目的には、性病予防と妊娠予防がありますが、両方を兼ねて、ここに書きました)

まず、セックスする前に、枕元にでもコンド−ムを二、三個用意します。
コンド−ムになれていない人は、コンド−ムを一個くらい取り出して、裏表などを観察してください。
あらかじめ袋を少々切っておきます。

さてセックスをはじめます。いくらなんでも直に挿入はしないでしょう
前戯をするとき、口で互いになめたりする人もいますが、性病は性器から口へうつりますので、コンド−ムをつけた陰茎をくわえます。女性の性器はなんともできませんので、なめません。

さて本番です。陰茎を腟にいれる前に、興奮してあせっているでしょうが、落ち着いてコンド−ムを附けます。裏表に注意して、陰茎の根元まで巻き戻ししてかぶせます。
落ち着いてしまうと勃起が弱まる人は、相手の女性にでもつけてもらいましょう。女性につけてもらう事自体が前戯になるでしょう(たぶん)。

性交の途中でつけないこと。射精するチョット前につける人がいますが失敗します。
射精する前に既に精子が出る人がいますし、途中でつけるのでは性病は完全にうつっています。

若い女性は爪を伸ばしていますよね。
爪でコンド−ムを傷つけないように。
射精後ペニスが柔らかくなってしぼんでしまうとコンド−ムが抜けてしまう事があります。
しぼむ前に、抜けないように手をそえて、ペニスを膣から引き抜きます。

肛門セックスをやりたい人も、肛門粘膜は非常に薄くて傷つきやすいので、かならずコンド−ムをつかいましょう。

以上です。さあてと、結構面倒でしょう。
私はこんな面倒なことをやるくらいなら、性病予防には、性病の危険がありそうな人には気軽に性行為に応じない事、妊娠予防には、コンド−ム以外の避妊方法を取ることがよいと思っているんですが。

性病は一回位の性交ではうつらないと思っている人がいます。エイズでも一回のセックスで病気がうつるのは数パ−セントといわれるようですが、酔っ払って運転したからといって直ちに事故で死ぬわけないから大丈夫と言って酔っ払い運転するようなものです。
命をかけたセックスなんて、かっこいい?・・・かな。

コンド−ムは夫婦の間の避妊には使わないほうがよいと思います。
互いに性病の危険があると思っている夫婦は珍しいと思いますし、夫婦の間のセックスでは慣れがあり、遠慮が無いためむしろコンド−ムを使わないようです。

しかし、夫婦であっても、稀にしかセックスをしない人では、コンド−ムも避妊と性病予防のために役立ちます。

相手の女性とセックスに慣れてくると、コンド−ムを使わない傾向にあります。そんな油断した時に失敗します。

女性用のコンド−ムが市販されていました。(2009年では、市販されているのを見かけませんが)
マイフェミィ(商品名)は、結構大きく見えて、そしてチョットゴワゴワしているようでした。
私は使った経験がほとんどありませんので、コメントできません。
が、しかし、見た感じですが、まず日本では使われないでしょうね (-.-)

2017年1月3日